【成功のMP診断】あなたを成功させる情報サイズを知る

【成功のMP診断】あなたを成功させる情報サイズを知る

 

うわっ!これはすごい重要なことを知ったぞ!ヤッター!成功にむちゃくちゃ役立つじゃん!

このМPフィルターを学んだ時、興奮がスゴかったことを覚えています。

「なるほど!情報サイズをこんな感じの順番で取り扱えば、
いろんなことを早く身につけられるじゃん!
成功している人は、こんなことも知ってて活用しているから、成功しているのか!
これも加速成功の秘訣のひとつだよね!めっちゃいいこと知った!やった!」

そりゃ、もう!好奇心が爆発しました!
今でも、はじめて知ったインパクトが強く、記憶に刻まれていますからね。本当にスゴイ!

副業でも、在宅ビジネスでも、インターネット収入でも、
そのビジネスを成功させるということは、
その成功ノウハウを正しく学習できることが必須ということですよね。

ビジネスも、人生も、成功していくということは、
成功するレベルに自分を引き上げる自己開発をするということ。
それは、成功する為に必要なことを正しく学習して、身につけることです。

そして、学習することで、とても重要な要素が、
自分が最も効率よく処理できる情報とはどんなものなのか?
それをまずは知っておくってすごく大事なんです。

それから、

目標を達成するのに必要な学習をするプロセスで、
効果的な情報処理を選択できるようになりましょう!

情報にはチャンクサイズがあります。

大きな塊をひとつとして、抽象的に表現する全体像の情報もありますし、
いくつもの小さな塊を、具体的に表現する詳細な情報もありますね。

成功のMP【チャンクサイズのフィルター】を知って、
学習に役立つ情報の取り扱いができるようになりましょう。すごくワクワクしますよ!

また、自己適用だけでなく、人とのコミュニケーションにも役立つ知恵となりますから。
ビジネスでも、人生の成功でも、人との関わり合いで良い結果をだすことが鍵ですからね。

豊かになる秘訣といえるかも知れませんね。

こんなことはありませんか?

話が細かすぎて、相手にイライラした経験や、退屈した体験はありませんか?

反対に、話が大雑把すぎて、言っていることがわからないといった経験はありませんか?

☑人が取り扱いやすい情報のサイズがわかる
☑学習するのに処理する情報への見方がわかる
☑話が噛み合わない理由がわかる
☑人へどのように情報提供すればいいかがわかる

成功のMP【チャンクサイズのフィルター】を使って、
人に響く効果的な情報提供もできるようになりましょう。

 

成功MP診断【チャンクサイズのフィルター】

それでは、まず、以下の質問1~質問5を直観で答えてください。
すべてAかBの選択形式です。
1問当たり、5秒~10秒で、ABのどちらかを選んでください。
直観で回答してください。

■質問1【チャンクサイズのフィルター】

成功の為に新しいことを学び始める時に、どちらの傾向が強いですか?

A.全体像の情報や概要を捉えると学びやすい
B.学ぶのに細かい情報を必要とする

■質問2【チャンクサイズのフィルター】

副業などビジネスの作業をする時に、どちらの傾向がありますか?

A.やるべきことの優先順位をつけることが得意
B.道筋どおり、目の前のことをひとつひとつやっていく

■質問3【チャンクサイズのフィルター】

「ニュープロやMPにどうして興味を持ったのか?」と聞かれた時にどちらの方が話しやすいですか?

A.興味を持った点を簡潔に説明したり、本質的なことを話すことが多い
B.修飾語、副詞、形容詞を多用する長い文章で説明することが多い

■質問4【チャンクサイズのフィルター】

成功に役立つ教材を選ぶ時、どちらに反応しがちですか?

A.教材の内容を表す「数行のキャチコピー」を重視する
B.教材の詳しい内容が箇条書きで並んでいるのを読むと参考になる

■質問5【チャンクサイズのフィルター】

成功に役立つ商材で、どちらの口コミを聞いたほうが魅力を感じやすいですか?

A.一般論や概念など抽象的な話を聞いたほうがイメージをしやすい
B.具体的なことを聞かないことにはイメージができない

■選び終わったら、コメント欄に書いてください

コメント欄に、Aが何個、Bが何個だったかを書き込んでから、
戻ってきて、続きを読んでくださいね。
そうすることで、より学びが深まりますから。

今回は、成功MP診断【チャンクサイズのフィルター】というものです。

Aが、[全体型]のフィルターを作動したということです。
Bが、[詳細型]のフィルターが作動したということです。

(記入例1)
Aが4つで、Bが1つでした。
私は、[全体型]のフィルターの作動が多かったようです。

(記入例2)
Aが2つで、B3つでした。
私は、[詳細型]のフィルターの作動がちょっと多かったようです。

それでは、例を参考にしてコメント欄に書き込んでください。
書き込みが終わったら、続きをお読みください。

 

チャンクサイズのフィルターとは

効率よく処理できる情報の大きさによって、
どのサイズの情報へフォーカスするに影響があります。
成功の為に学ぶ場面で、人はどのように情報を捉えるのでしょうか。
全体像や概要、抽象的な情報を必要としますか?
それとも、詳細や具体的な情報を必要としますか?

■チャンクサイズのフィルター
[全体型]←→[詳細型
[全体情報指向]←→[詳細情報指向]、[ビックチャンク]←→[スモールチャンク]と表現されることがあります。
[全体型]とは、グローバル、一般的、抽象的という意味があります。
[全体型]の抽象的に対して、[詳細型]とは具体的という言い方もできます。

▼[全体型]のフィルターが作動している時
出来事の全体像や概要を捉えて物事を進めることを好む傾向があります。
最初に概要や全体像から話されると、短い時間であれば、詳細を聞くこともできます。
学習という状況においては「すべては学びだよ」という極端な捉え方をすることがあります。

物事を脈絡なく語ることもあります。

「一般的には」「基本的には」「普通は」「コンセプト」
「大枠としては」「本質的には」「ポイント」「概要」
などの言葉を使う傾向を生みます。

▼[詳細型]のフィルターが作動している時
出来事の具体像や細かい情報を扱うことが得意とする傾向があります。
ある程度の時間であれば、概要や抽象的な話を聞くこともできます。
実際の作業レベルまで具体的な道筋にフォーカスが当たりがちです。

作業や出来事を、詳細で具体的に順次に話すこともあります。
固有名詞、修飾語、副詞、形容詞を多用する傾向をもちます。

「くわしく」「具体的に」「詳しく説明すると」「…の前に…の後に」
などの言葉を使う傾向を生みます。

 

チャンクサイズのフィルターの作動がわかるのは…

人がどのようなサイズの情報にフォーカスするかに関わりますので、
会話中に、相手の話す言葉から推量しましょう。

細かな内容をひとつひとつ、順番に流れに沿って話したり、
こちらが大まかな話ばかりすると「捉えどころのない話しをされた」と困っている様子をみせるのか?

簡潔に話し、出来事を要約して話して、説明が少ない。
こちらが細かい話をしすぎるとイライラしだすのか?

自分からは細かな内容を話して、聞き手としては抽象的な話しを聞きずらいのであれば、
詳細型のフィルターが作動しているのでしょう。

自分からは大まかな内容を話して、聞き手としては細かい話しを聞きずらいのであれば、
全体型のフィルターが作動しているのでしょう。

会話中に、こんなダイレクトな質問をすることもできます。

「もしも、あるサイドビジネスを始めるとしたら、
あなたは、はじめに、その全体的な情報を知りたいですか?
それとも、はじめに、取り組むべき作業の詳細な情報を知りたいですか?」

相手が「全体的な情報が知りたいです」と回答した場合は、続けて、こう聞きます。
「本当は、取り組むべき作業の詳細な情報を知る必要があると思いませんか?」
「知る必要がない」と回答すれば、かなり全体型のフィルターが優位なのでしょう。
「知る必要があるかも…」と回答すれば、全体型がやや優位で、詳細型もあるのでしょう

相手が「取り組むべき作業の詳細な情報を知りたいです」と回答した場合は、
「本当は、全体的な情報を知る必要があると思いませんか?」と問いかけてみましょう。
「知る必要がない」と回答すれば、かなり詳細型のフィルターが優位なのでしょう。
「知る必要があるかも…」と回答すれば、詳細型がやや優位で、全体型もあるのでしょう。

ほとんどの人は、両方のサイズの情報を行ったり来たりします。
そこで、相手がどちらの情報を最初に必要をしているか観察しましょう。

会話や、一緒に過ごす中で、相手がどのサイズの情報を取り扱いやすいかをみて、
そのフィルターに合わせたサイズの情報を提供して、相手にペースを合わせましょう。

そうすることで、サイズの違う情報を提供してフォーカスしてもうなどのリードもできます。
適切に活用すれば、相手の学習能力を上げることにもなります。

もちろん、自分の学習効果でも同様に活用できることです。
副業でも、在宅ワークでも、ビジネスを成功することに役立つということですね。

【チャンクサイズのフィルター】にも注目して、活用する体験を増やしてください。

 

チャンクサイズのフィルターを知ることは成功に役立つ

成功は、いくつもの目標を達成していくことの先にあります。
目標達成には、モチベーションとノウハウの両方が必要です。

人生の視点から見た、目標達成とはどんなものでしょうか?
目標の意図を意識することはモチベーションに関係します。
全体型のフィルターを作動させることが、そういったことに役立ちます。

目標達成する道筋には、ステップ・バイ・ステップのノウハウがあります。
そういったことを見るのに、詳細型のフィルターが役立ちます。

両方のフィルターを自己開発して、適した場面で作動させましょう。

▼[全体型]のフィルターが作動している時
・役立つ点
夢やビジョンを語るリーダーの役割としては、高いチャンクの発言が役立つ局面があります。
自分で自分を奮い立たせるという場面でも同様に役立ちます。

・デメリット
詳細な情報が多すぎるとイライラすることもあります。
実際に事を動かしていこうと思えば、最初の行動ステップまで小さなチャンクまで落とし組むことは必要です。
詳細型のフィルターを自己開発して作動させてください。

▼[詳細型]のフィルターが作動している時
・役立つ点
細部に注意を向ける必要がある作業をこなしやすいフィルターです。

・デメリット
あまり極端になると、全体像を見失うことになります。
目の前の作業ややることだけを見てしまい、
やっているうちに手段そのものが目的になってしまうことがあります。

 

ニュープロの学習で【MP】チャンクサイズのフィルターを成功に活用できる

ニュープロでは【チャンクサイズのフィルター】を、いろいろなサイズを取り扱える能力が開発できます。
チャンキングのエクササイズをたくさんすることです。

目の前の物事や、ビジネスについて考える時、
コミュニケーションする時のことを考えるのに、
チャンクをアップしたり、ダウンしたり、同じ階層のチャンクを水平でみたり。
いったりきたりすることで、視点が変わっていくので、頭と心のストレッチにもなります。

アイディア発想の能力はダントツに高まりますし、物事の理解や記憶にも役立ちます。
それは、学習能力が上がることを意味します。
理解や記憶に関わり、さらに、学習内容をビジネスの場で適応・応用するという
学んだことを実際に役立てるアイディアを持てるからです。

自己、他者とのコミュニケーションにおいて、意図や目的にアクセスすることは
チャンクアップしていく技術です。
これは、コミュニケーションが成功するのに、とても役立ちます。

副業でも、在宅ワークでも、ビジネスで成果を手にするのに、両方のフィルターを開発しましょう!
全体型のフィルターで、取り組むことの目的や意図にフォーカスを当てながら、
目の前の作業を詳細型のフィルターで、具体的に目の前のことをみて作業をこなす。

ニュープロを学び、【チャンクサイズのフィルター】を開発して成功してください。

そういえば・・・
あなたがニュープロを学ぶなら、最初に全体像から知る方がいいですか?
一般的には、ニュープロは成功に役立ちます。なぜなら本質的なものだからです。
学ぶポイントとして、体験から学ぶことを重視することでしょう。
基本的には、エクササイズや練習、経験をたくさんすることが普通ですね。
まずは、概要から全体像に触れて、ひとつずつの興味深いトピックへと進むのもよいでしょう。

もしくは・・・
あなたがニュープロを学ぶなら、はじめに取り組むべき詳細情報から知る方がいいですか?
まずは、通信講座の動画や音声コンテンツで、移動ながら学習、合間学習をして、
次に、受講生同士の楽しい練習をするともっと良いでしょう。
実際の会場だったり、手軽で場所を選ばないオンラインで練習をしましょう。
それから、一人でもできるエクササイズもたくさん経験してください。
次の段階としては、それを受講同士のコーチング練習で上手に活用していきましょう。
充分に体験したら、次のステージとして、コーチングで人に喜ばれながら副収入を得ましょう。
厳密にいえば、ニュープロは、人の卓越性を研究したものであり、
体験を人それぞれがどのようにとらえ、行動するかを学ぶものです。
具体的な事例も多く、サイドビジネスが成功する要素に詳しくなります。

ニュープロの全体像も概要も知り、抽象的にも捉えられるようになり、
興味の強い部分は詳細まで学び、成功に役立てる具体的なことも学んでください。

ぜひ、あなたの成功をニュープロを学習することで、加速させてください!

 

【チャンクサイズのフィルター】MP診断を忘れずにしましょう

回答に答えず、ここまで、先に読んでしまった人は、
今すぐに、質問に回答して、コメント欄に書いてくださいね。
(上にある[成功MP診断【チャンクサイズのフィルター】]をご覧下さい)

フィルターについての情報に触れること、考えること、
自分の傾向を知ること、他の人の傾向を知ることは、
成功のリソース(資源)になっていきます。

 

 

MPやニュープロについてもっとわかる!使える!特別プレゼントもどうぞ!