【成功のMP診断】成功へ率先して動きますか?受け身ですか?

【成功のMP診断】成功へ率先して動きますか?受け身ですか?

当たり前なのですが、実はとても重要なことです。

いろいろな人を見ていると、
当たり前と思えること、確実に積み重ねてやっていく人って、強いなーって感じています。

成功のMPを学ぶまでは、ある種の才能だと勘違いしていました…
それまでは、「あ~、才能がある人が成功するんでしょ…」
そんなふうに思って、正直、妬ましい気持ちが顔を出すこともありましたよね…

ニュープロでは、「できる人がいれば、自分にでもできる」というフレームで
物事を考えてみよう!というノリがあったりします。
いや~、これがまた、便利なものの見方(メガネ)だったりします。
すごい良いよなーニュープロ。ほんと好きだな。

「私には才能がないかもしれない…」とかのビリーフは制限になりますね。
なんかね「才能」って言葉で片付けてしまったら、もったいない!
ニュープロが成功させてくれるのに!
そんなことが、成功MP【行動のフィルター】を知って強く感じましたよ!

成功するには、行動が絶対に必要となります。
より早く、より確実に、自己成長を伴い行動するには、
成功につながる行動計画を考え、シュミレーションすることが役立ちます。

状況や関わる人のことに思いをはせ、分析的な思考を働かせて、
行動する内容を検討し、それをやってみたイメージをして、
成功につながる目標を達成するかを心のシュミレーションしていきます。

検討した行動内容を、心の中、イメージ内で、テストしてみて、
目標を達成しないようであれば、違う行動を柔軟に検討します。
そして、それをテストする。これを目標達成するまで、繰り返します。
成功する為のメンタルリハーサルのようなものですね。

そんな成功のコツと、今回のフィルターは関係が深いです。

【行動のフィルター】のことを知ると…

☑「絶対に成功できる」という思考がどこから生まれるかがわかります
☑自分の人生を自分でコントロールできる方法がわかります
☑「周りに振り回される」「運命に流される」というように感じる原因を知ることができます

MPを学び、どんどんと自己開発していきましょう。
MP【行動のフィルター】を成功するのに使ってくださいね。

 

 

成功MP診断【行動のフィルター】

それでは、まず、以下の質問1~質問5を直観で答えてください。
すべてAかBの選択形式です。
1問当たり、5秒~10秒で、ABのどちらかを選んでください。
直観で回答してください。

■質問1【行動のフィルター】

成功に役立つ商材の口コミを聞いた時、どちらの傾向が強いですか?

A.よく考えずに飛びついてしまうことがある
B.考え過ぎてタイミングを逃すことがある

■質問2【行動のフィルター】

成功に役立つことを習いに行ったときに、その場でどちらを感じやすいですか?

A.自分から何もできない状態に置かれるとイライラを感じることがある
B.周りの人のことがわからない状態で飛び込んでいくことは不安に思う

■質問3【行動のフィルター】

副業や新しいビジネスを選ぶときに、どちらの反応がでやすいですか?

A.モチベーションが上がるので、自分から主導権をとれるものを選びたい
B.チャンスを選択要素として考えがち。好機や幸運が訪れることが考慮されている

■質問4【行動のフィルター】

新しいことを学び始める時に、どちらの傾向がありますか?

A.他の人の動向を気にするより、自分ができることにフォーカスして行動をとることが多い
B.他の人が行動を起こすのを待ったり、人に言われてから腰を上げることが多い

■質問5【行動のフィルター】

成功に役立つ商材どちらの勧められ方がしっくりしますか?

A.深く考えるよりも、まずは試してください
B.じっくり考えください。十分に検討してからどうぞ

■選び終わったら、コメント欄に書いてください

コメント欄に、Aが何個、Bが何個だったかを書き込んでから、
戻ってきて、続きを読んでくださいね。
そうすることで、より学びが深まりますから。

今回は、成功MP診断【関係性のフィルター】というものです。

Aが、[率先型(主体・行動)]のフィルターを作動したということです。
Bが、[反応型(受動・分析)]のフィルターが作動したということです。

(記入例1)
Aが4つで、Bが1つでした。
私は、[率先型]のフィルターの作動が多かったようです。

(記入例2)
Aが2つで、B3つでした。
私は、[反応型]のフィルターの作動がちょっと多かったようです。

それでは、例を参考にしてコメント欄に書き込んでください。
書き込みが終わったら、続きをお読みください。

 

行動のフィルターとは

原因→結果の因果関係において、自分を原因側に置くか?
自分を結果側に置くか?に関わるフィルターとです。
成功に向けて、どの状況でどちらのフィルターを使うと有効か?
成功を加速化するには、率先型と反応型のフィルターを使う順番が重要になります。

■行動のフィルター
[率先型]←→[反応型]

[率先型]は、能動型、行動型、積極型、主体型、
[反応型]は、受動型、反映型、分析型と表現することもできます。

行動フィルターが極端な場合の分類として、以下のような表現もあります。
[超能動型][能動型][受動型][内相型(反映・分析型)][非能動型]

▼[率先型]のフィルターが作動している時
自分が結果に対して、コントロールできる原因にフォーカスすることは、
結果に対して責任を持つ姿勢であり、自分の積極的行動にパワーを持ちます。
率先的に、能動的に、動けることは、主体的に物事をこなせます。

明快で簡潔な文章、結果は自分のコントロール下にあるかのような発言する傾向があります。

「とにかくやってみる」「飛び込む」「…決める」「…できる」
などの言葉を使う傾向を生みます。

▼[反応型]のフィルターが作動している時
原因→結果の因果関係では、結果側であり、結果に対する責任は自分以外にあるように感じるでしょう。
受け身的な傾向を持ち、相手の発言や行動から影響を受け、反応的だと言えます。
状況を把握してから行動しようという姿勢であり、分析してタイミングを待ちます。

「…が…させる」「検討する」「様子をみる」「機が熟す」「ツキがくる」「…できない」
などの言葉を使う傾向を生みます。

 

行動のフィルターの作動がわかるのは…

会話の中にある相手の言葉だけでなく、
相手の物事に対する姿勢や、それらを表現するようなジェスチャーにも現れます。
それによって、作動しているフィルターを推量できます。

会話中に質問をしてみるといいでしょう。

「他の人と〇〇する場面で、自ら率先して行動を起こしますか?
それとも、他の人が行動を起こすのを待ちますか?」

こういった会話をすると、
率先的に行動する姿勢なのか、受け身的な姿勢なのかが発言にでてくるでしょう。

他にも、会話中に次のような質問をしてみましょう。

「新しい状況で、あなたはそれを評価した後すぐに行動しますか、
またはすべての結果を検証してから行動しますか?     」

相手が行動的な姿勢であるか、分析的な姿勢が強いかが発言に現れるでしょう。

他にも注目するポイントがあります。

・物事が自分の思い通りになるように話すのか?
・物事は自分の思い通りならないもので、いろいろな出来事が自分に降りかかるように話すか?

・話している文章の動詞の主語が自分であったり、目的語が明確なのか?
・動詞の目的語に自分が置かれていて、不完全な抽象的な文章になっているか?

・早口で、せっかちで、じっとしていることが苦手そうなのか?
・行き過ぎた猪突猛進なところはないか?
・とても慎重で、理解しようと分析しがちで、長時間座っていれるのか?

こういった視点で注意深く耳をそばだててみましょう。

相手の作動しがちなフィルターにヒットする言葉を使うことで、
相手を尊重し、相手の世界観に理解を示していることにもなるでしょう。

人と会話する時に、【行動のフィルター】に注目をしてみましょう。
そういった機会を増やして、体験を重ねていきましょう。

 

行動のフィルターを成功に役立てる

成功をするのには、行動のフィルターはとても重要になります。
副業となるビジネス、家にいて収入になるノウハウを実行することでも、
達成するのは、上手にフィルターを使っていくといいでしょう。

よく分析して、よく考えたら、その後は、主体的に、率先して動く。
反対からいえば、主体的に、率先して動くための分析と検討をよくするということです。

「猪突猛進して、進むべきベクトルが間違っていても進み続ける。
気が付いた頃には、時すでに遅し」
あるいは、
「考えすぎて、参入するタイミングを逃した」
などということにならないように、両方のフィルターを有効活用することです。

アウトカムに向かい、場面に適切なフィルターを使いましょう。

考えすぎずに飛び込むことが役立つ局面もあるでしょうし、
周りに反応してから、その後で主体的に行動することが必要な場面もあるでしょう。

適切なタイミングで作動させられるように、両方のフィルターを開発しましょう。
行動のフィルターについて学習して、他者理解にも役立ててください。

▼[率先型]のフィルターが作動している時
・役立つ点
行動を起こすこと自体でモチベーションが上がる傾向があり、
周りがどうであれ、成功に向けて進むことが可能です。

・デメリット
考えなしに行動して、失敗することもあります。
行動を待つことができず、強引な印象を与え、一部の人から反感をかうこともあります。

▼[反応型]のフィルターが作動している時
・役立つ点
周囲の空気を読めたり、周りと歩調を合わせているなど、気遣いしている印象を感じてもらえます。
分析は計画を立てるのに役立つことが多いです。実施する前に行うシュミレーションは
「練習が完全をもたらす」という格言をメンタルリハーサル(練習)で実行できるでしょう。

・デメリット
妥当性、権威、環境に左右されることが大きく、
環境が完全に整わない限り「私には絶対にできない」ということになる傾向があります。
あたかも、成功する為にすべての状況を把握してから行動しようという姿勢であり、
極限的に言えば、全てを知ることはできないので、いつまでも行動できないということになりかねません。

 

ニュープロの学習で【MP】行動のフィルターを成功に活用できる

ニュープロを学ぶことで、両方のパターンを開発できます。
成功やビジネスで大切な計画を立てるのに役立つ『フィルターを使う手順』も身に付きます。
プランニングのストラテジーがあり、マニュアル化されています。
その通りに進めていくことを繰り返し経験すると、どんどん自己開発できます。

ニュープロのエクササイズをやり続けると、成功に役立ちます。

副業となるビジネスで結果を出すにも、家でできるビジネスを計画するにも、
副収入から本業並みの収入へと発展させ、望む金額を達成するにも、
行動のフィルターを勉強していくことは効果があります。

周りの状況を把握して、分析することは計画を立てることに必要です。
相手の行動を見てから、動くことが重要な局面もあるでしょう。
そんなときは、[反応型(受動・分析)]のフィルターが役に立つでしょう。

そして、成功するには、行動を起こす必要があります。
まずは飛び込んでから、走りながら考えることが大きな収益になることもあるでしょう。
そんなときは、[率先型(主体・行動)]のフィルターが役に立つでしょう。

ニュープロを学習して、【行動のフィルター】を成功するのに活用しましょう

考え過ぎるより、とにかくニュープロを体験してみてください。
試すことから始まっても、あなたがコントロールできます。
「私は成功する為に自分から学習の行動を取るのだ!」そんな言葉かけを自分にしてください。

そして、ニューロ言語プログラミングを学んだら…
学べたことを、どう成功に役立てるか、しばらく考えてみてください。
周囲の状況を見て、良いタイミングだと感じたら反応してみてください。
成功する好機も活かして、ツキが来て上昇気流に乗るのも良いでしょう。

ニュープロがあなたの成功を加速させてくれます!

 

【行動のフィルター】MP診断を忘れずにしましょう

回答に答えず、ここまで、先に読んでしまった人は、
今すぐに、質問に回答して、コメント欄に書いてくださいね。
(上にある[成功MP診断【行動のフィルター】]をご覧下さい)

フィルターについての情報に触れること、考えること、
自分の傾向を知ること、他の人の傾向を知ることは、
成功のリソース(資源)になっていきます。

 

MPやニュープロについてもっとわかる!使える!特別プレゼントもどうぞ!