【成功のMP診断】成功するのに困った時には…

【成功のMP診断】成功するのに困った時には…

 

じわぁ~っと、心静かに

「なるほどね…」

と感じました。

落ち着いた状態で、好奇心がでてくるのが分かったのです。

そして、次第に、

「うん?じゃーあれは?」

「むむっ、ということは、あの時って!?そうか!」

と、ワクワクした気持ちが膨れ上がっていくようでした!

それから…「あぁ…このことも、大切なことだな…」

再度、冷静になって、自分の成功について考え始めました。

これは、私がМPをセミナーで学んだ時の心の動きでした。

今回は、ビジネスにおいて、日常レベルのストレスに、

<人はどのように反応するのか?>に関わるフィルターです。

ビジネスでは、沈着冷静であることが求められる場面もありますね。

そこでも力を発揮する必要があるでしょう。

想像的な発想をする必要なあることもあるでしょう。

さらに、相手のストレス反応に応じて、

上手にコミュニケーションして結果を出すことは

あなたの成功に役立ちます!

成功のMP【ストレス反応のフィルター】を学ぶことで、

☑共感力が必要なセールスやコミュニケーションの得意・不得意の原因がわかります
☑ストレスに対して、どのように反応するかがわかります
☑ストレス度の高いことをこなせるかどうかがわかります

人の感情的な反応の傾向を知り、

相手の世界地図に思いを寄せ、他者理解を深めましょう。

MP【ストレス反応のフィルター】を知って、

成功の途中にでる<難局の状況>への対応に役立ててください。

成功を加速させましょう!

 

成功MP診断【ストレス反応のフィルター】

それでは、まず、以下の質問1~質問5を直観で答えてください。
すべてA、B、Cの選択形式です。
1問当たり、5秒~10秒で、A、B、Cのいずれかを選んでください。
直観で回答してください。

■質問1【ストレス反応のフィルター】

過去の勉強した経験で、困難な出来事を思い出してください。
A、B、C いずれかの傾向が強いですか?

A.感情的になり、表情や声にあらわれて、長い間続いてしまう
B.通常レベルのストレス下では、ほとんど感情的になりません
C.一度、感情がでてきますが、わりとすぐ 通常の状態にもどります

■質問2【ストレス反応のフィルター】

人から学習体験を楽しそうに話された時、どんな反応を取りますか?

A.相手の感情に自動的に反応したり、共感しすぎてしまうことがある
B.共感があまりできない方だ
C.相手の感情に共感することも、共感しないことも選択することができます

■質問3【ストレス反応のフィルター】

急なエラーがあったときへの対応は、どのようなものだと思いますか?

A.困惑が続き、対応することが難しいのではないかと思う。テンパってしまう方だろう
B.客観的に、合理的に考えて、対応できる方がだと思う
C.もちろん始めは感情的になるが、冷静さを取り戻し、ある程度の対応ができると思う

■質問4【ストレス反応のフィルター】

成功に役立つ商材を人にお勧めして、拒否的な反応を受けたらどうなりそうですか?

A.自分自身を否定されたような気持になり、テンションがさがって、落ち込みから抜け出せないと思う
B.「人は人だ」と考えて、「受け入れる人もいるし、拒否する人もいる、まぁ統計的なものだ」と思うだろう
C.少し傷ついた後、気分が変わり、他の話をしだすと思う

■選び終わったら、コメント欄に書いてください

コメント欄に、Aが何個、Bが何個、Cが何個だったかを書き込んでから、
戻ってきて、続きを読んでくださいね。
そうすることで、より学びが深まりますから。

今回は、成功MP診断【ストレス反応のフィルター】というものです。

Aが、[感情型]のフィルターを作動したということです。
Bが、[冷静型]のフィルターが作動したということです。
Cが、[転換型]のフィルターが作動したということです。

(記入例1)
Cが3つで、Bが1つでした。
私は[転換型]のフィルターの作動が多く、ちょっと[冷静]型もありました。

(記入例2)
Cが3つで、Aが1つでした。
私は[転換型]のフィルターの作動が多く、ちょっと[感情]型もありました。

それでは、例を参考にしてコメント欄に書き込んでください。
書き込みが終わったら、続きをお読みください。

 

ストレス反応のフィルターとは

ごく日常的なストレスとなる出来事に対して人がどのように反応するか?
そういったことに関するフィルターです。

■ストレス反応のフィルター
[感情型]←→[冷静型]/[転換型]
[主観視・入り込み体験型][客観視型・分離体験型][チョイス型]と表現されることもあります。

▼[感情型]のフィルターが作動している時
感情的になったまま、なかなか抜けられないこともあります。

過去の困難な出来事を思い出して話している間、感情的になっていることが表情や声にあらわれます。
頬が紅潮したり、声が大きくなったり、大きな身振り手振りで話したりと、
非言語の部分を含めて明らかな変化が見られ、
ずっとその状態が続くようであれば、感情型のフィルターが継続して働いています。

「すごい」「ワクワク」「ドキドキ」「素晴らしい」など、感情表現の言葉を使う場合もありますが、
感情的な表現の言葉を使うからといって必ず感情型のフィルターが作動しているわけではありません。
国や文化や世代によって、使う言葉に影響もあります。

▼[冷静型]のフィルターが作動している時
話す前と何ら変わることなく淡々と話し始めて、感情的にならない。
特に感情的な素振りが見られません。

過去の困難な出来事を思い出して話している間、
身体感覚にまったくアクセスしていないような印象を持つ人は、
その体験から、自分を分離しているのかもしれません。

ロジカルに情報を提示したり、冷静に話す傾向があります。

「合理的に考えると」「現実問題として」「統計的に」
などの言葉を使う傾向を生みます。

▼[転換型]のフィルターが作動している時
一時、感情的になるが、少なくとも一度は平常な状態に戻ります。
自分である程度の感情コントロールができます。
過去の困難な出来事を思い出して話すと、
はじめるは身体感覚にアクセスしますが、そのあと自分の感情を客観視できます。

話の途中から「あのときは大変でした」など終わったこととして過去形で話すこともあります。

 

ストレス反応のフィルターの作動がわかるのは…

トラブルや問題、何か困ったときのことを思い出しながら話してもらい、その反応を見ます。
人生においての悲劇、修羅場、災害など大きすぎるものについては話してもらわないでください。
まったくたいしたことがないものがレベル1、
人生を左右するものをレベル10とした場合、
レベル3・4・5ぐらいのレベルのストレスの話をしてもらいます。
また、常時困っていること、継続的な問題については話してもらわないでください。

その会話の後は、必ず話題を変えて気分転換してもらってください。
気分の良いことを思い出してもらうなど、良い状態にしてあげましょう。

会話の中で次のような質問をすることができます。

「一回限りの出来事で、あなたを困らせたビジネスの状況について話してください。
あなたはそれをどう感じましたか?」

「継続する問題以外で、あなたがビジネス上で困ってしまった状況を教えてください。
あなたはそれについてどう感じましたか?」

相手が話している間、相手の話す様子に注目してください。

感情的になって、その状態から抜け出さないのか?
一度も、感情的にならずに話すのか?
感情的に話した後で、平常な状態になったり、それらの状態をいったりきたりするのか?

どのフィルターが作動したのか、推量してみましょう。

 

ストレス反応フィルターを成功に役立てる

ビジネス上で人と仕事をする時など、相手の優位なフィルターを知ることで、
適した作業の割り当てができます。

相手の作動しているフィルターに合わせることは、
コミュニケーションの結果を良くすることに役立ちます。

自分が、どのフィルターも、アウトカム達成に適したものを選択して使えることは、
成功にとても役立ちます。

▼[感情型]のフィルターが作動している時
・役立つ点
感情表現する時や他人の感情を感じる時などに役立つフィルターです。
感情を発想の源泉とする芸術的なこと、創造的な仕事に活用できます。
ニュープロにある自分の体験に入り込む系のワークで、その効果を高めます。

・デメリット
ストレスに対して感情的に反応して、持続する傾向がある為、
ストレスレベルの高い作業や出来事に対応するのが上手くいかないことがあります。
セールスやアフィリエイトなどのサイドビジネスで、
相手に拒否されるようなことがあると、落ち込みの状態が長いために、目標達成が難しくなります。

▼[冷静型]のフィルターが作動している時
・役立つ点
日常レベルのストレスに対して感情的になることはほぼない為、
平静さを保って機転をきかせることができます。
たいていの緊急事態では取り乱すことなく、常に冷静で頼もしい存在という印象を与えます。

・デメリット
感情的にならない為、人に共感しにくく、その場で人間関係を築くことが難しくなります。
共感が少ないことは、冷たい人と誤解される恐れもあります。

▼[転換型]のフィルターが作動している時
・役立つ点
多くの人は、感情型と冷静型のフィルターが移行します。
無意識的に切り替わりますが、意識的に切り替えることもあります。
相手の感情に共感することは、その場で人間関係を構築する時に役立ちます
また、相手の感情に共感しないことも選ぶことができます。

 

ニュープロの学習で【MP】ストレス反応フィルターを成功に活用できる

ニュープロを学習していくと、必然的に【ストレス反応フィルター】が開発されます。
自分の状態を選択できるようになるのが、学習の目的の一つだからです。

他にも、ニュープロで体験するエクササイズで、それぞれのフィルターが開発できます。
自分の体験に入り込む系のワークの経験が増えることは、感情型のフィルターを使うことになるでしょう。

ニュープロのフレームで自分をみていくことや、ポジチェンのワークをするごとに、そして
分離体験のワークをするごとに、冷静型のフィルターを選択することが上手になってくるでしょう。

相手を観察して、相手にマッチングすることは、
どちらのフィルターも選択できるようになるでしょう。
意識的も、無意識的にも、状態を切り替えることは、転換型のフィルターを開発したといえるでしょう。

ニュープロを学習して、【ストレス反応のフィルター】を成功するのに開発しましょう。

学び始める時は、新しい考え方のフレームとの出会いに、
ワクワクとテンションが上がることもあるでしょう。
ニュープロが自分を進化させることに、すごく興奮する。それは素晴らしい体験となります。
ビジネスで成功するのに役立つ発見や気づきにドキドキも止まらないでしょう。

そして、
自分を客観的にみること、俯瞰することも、自己分析が進みます。
自分が何でどうやって成功するかが、良く見えてきます。
現実的にビジネスを成功させるプランを練る為のモデルもあります。
モデリングすることで、効率的に、成功を加速させることができます。
いたって冷静に自分の成功を知ることもできるのです。

それって、すごくワクワクするし、よくよく考えてみると合理的ですね。
主観的にも自らの成功をイメージして、その明確さが推進力となるので、
成功に適した客観性と主観性の切り替え能力を手に入れることができます。
今では思いつかないような度肝を抜くようなものを手に入れ、幸せになり、
多くの人と共感する人生を、しみじみと平常な状態でもイメージするようになります!

あなたの成功の為に、ぜひニュープロを体験しまくってくださいね。

 

【ストレス反応のフィルター】MP診断を忘れずにしましょう

回答に答えず、ここまで、先に読んでしまった人は、
今すぐに、質問に回答して、コメント欄に書いてくださいね。
(上にある[成功MP診断【ストレス反応のフィルター】]をご覧下さい)

フィルターについての情報に触れること、考えること、
自分の傾向を知ること、他の人の傾向を知ることは、
成功のリソース(資源)になっていきます。

 

 

MPやニュープロについてもっとわかる!使える!特別プレゼントもどうぞ!