【成功のMP診断】成功前と成功後の関係は、どんなもの?

【成功のMP診断】成功前と成功後の関係は、どんなもの?

大人が加速的に学習するのに大切なことを知りました。

「あ~、これを知っているのと、知らないのでは、
成功するスピードが、ものすごく変わるじゃん…
もっと早く知っておきたかったなー」

このこのを知った時の衝撃、今まで知らずに過ごしてきたくやしさ
そして、このまま知らずにいたら・・・という恐怖に似た感情でガクガク震えました。

あなたも、成功した後に、自問自答してください。
「成功後の今と、成功前の以前を見比べてみて関係性ってどんなもの?」

ある傾向が表れるはずです。

共通点と相違点、どちらの情報にフォーカスするでしょうか?
どちらの情報がある方が、モチベーションが高まるでしょうか?

そして、MP【関係性のフィルター】は、
人の学習や物事への理解のプロセスにも関わります。

MP【関係性のフィルター】を学ぶことで…

☑学習する力が向上します
☑ラポール構築の得意、不得意の原因がわかり、上手くなります
☑ビジネスで役立つチャンクアップが苦手だった理由がわかります

いろいろな人のビジネス取り組みに関する傾向にも注目してください。

ずっと同じビジネスを継続している人もいます。
変化や新しさを求めて、コロコロと変更する人もいます。
人は、それぞれ違います

10年、15年と同じもの取り組む人もいれば、
5年、7年を目処に、新しいことにチャレンジする人もいれば、
3年、4年ぐらいで、一区切りをつけ、次に進む人もいるでしょうし、
1年、2年で、大きな変化を必要として、ムズムズする人もいます。

そして、副業でも本業でも、ビジネスに携わり、
成功して、人生を幸せに生きたいと願うことは同じかもしれませんね

いったい、人の何が、こういった傾向を生むのでしょうか?
それを探求していきましょう。

成功MP診断【関係性のフィルター】

それでは、まず、以下の質問1~質問5を直観で答えてください。
すべてAかBの選択形式です。
1問当たり、5秒~10秒で、ABのどちらかを選んでください。
直観で回答してください。

■質問1【関係性のフィルター】

成功の為に新しいことを学び始めた時、どちらの傾向が強いですか?

A.「これは、以前から知っているアレと同じだ」と、知っている知識とつなげる

B.学ぶことに新鮮さを感じる

■質問2【関係性のフィルター】

成功に役立つ商材の口コミを聞いた時、どちらの反応をとりやすいですか?

A.今までの商材との共通点を感じれば、安心して購入を検討する

B.今までにない革新的な内容だと感じれば、購入を検討する

■質問3【関係性のフィルター】

ビジネス上の作業で、どちらの感じ方をしがちですか?

A.やり方が変わることが多いと、戸惑ってついていけないと感じる

B.同じ事ばかりで、代わり映えしないと飽きてしまう

■質問4【関係性のフィルター】

ラポールを構築するのは上手ですか?苦手ですか?

A.無理なく、相手にペース合わせ、マッチングして、ラポールを構築できる

B.ペース合わせや、マッチングが難しいと感じ、苦手意識がある

■質問5【関係性のフィルター】

住居や模様替えについて、どちらのタイプですか?

A.できれば引っ越ししたくない。レイアウトも現状維持が良いと思う

B.割と引っ越しや模様替えを頻繁にしたくなる

■選び終わったら、コメント欄に書いてください

コメント欄に、Aが何個、Bが何個だったかを書き込んでから、
戻ってきて、続きを読んでくださいね。
そうすることで、より学びが深まりますから。

今回は、成功MP診断【関係性のフィルター】というものです。

Aが、[類似性]のフィルターを作動したということです。
Bが、[相違性]のフィルターが作動したということです。

(記入例1)
Aが4つで、Bが1つでした。
私は、[類似性]のフィルターの作動が多かったようです。

(記入例2)
Aが2つで、B3つでした。
私は、[相違性]のフィルターの作動がちょっと多かったようです。

それでは、例を参考にしてコメント欄に書き込んでください。
書き込みが終わったら、続きをお読みください。

 

関係性のフィルターとは

情報のインプットから学習し、理解をするプロセスで、フィルターを通って情報の組織化をします。
体験から類似する部分を削除するのか?相違する部分を削除するのか?
に関わっているフィルターです。

■関係性のフィルター
[類似性]←→[相違性]
変化・相違対応のフィルター、[同一性重視型]←→[相違重視型]と表現されることもあります。
継続的な時間の経過がある状況では、変化の速度や大きさも関わってきます。
その際には、現状維持重視、進展重視、変化重視という考え方も加わります。

▼[類似性]のフィルターが作動している時

情報から相違点を削除し、物事に共通している類似点にフォーカスを当てます。
類似性が優位な人は、しばしば、少数の例から一般化することがあります。

何が共通しているか、どれほど変化していないかについて発言する。

「同じ」「似ている」「共通して」「変わらない」「維持する」
などの言葉を使う傾向を生みます。

▼[相違性]のフィルターが作動している時

情報から類似点を削除し、相違点にフォーカスを当てます。
相違点が優位な人は、新しい状況に興味をもちがちです。

どのようにまったく異なっているかを発言する傾向があります。

「違い」「異なった」「新しい」「変化」「革命的な」「ユニークな」
などの言葉を使う傾向を生みます。

 

関係性のフィルターの作動がわかるのは…

複数の情報に対して、どのようにフォーカスするかに関わっています。
会話中に、「〇〇と△△を見比べて関係は、どんなものでしょうか?」
相手の返答に含まれる関係性のフィルターの作動について意識を向けてください。

時間の経過に関することも会話中に聞くことができます。
「現在のビジネスと、今までのビジネスを見比べて関係は、どんなものでしょうか?」

関係性についていろいろな会話ができます。

「〇〇と△△にはどういう共通点や違いがあると思いますか?」

「〇〇と△△には類似点や相違点があると思いますか?それはどんなものですか?」

「新たな状況になったとき、
最初に注目するのはこれまでの状況との類似点ですか、
それとも相違点ですか?」

「あなたの引っ越し(模様替え)の周期はどれくらいですか?」

「パソコンは、何年ごとに買い替えたくなりますか?
その時、どうしても必要だから買い替えるだけでできるだけ同じような物がいい?
それとも、種類まで変えたいですか?メーカーまで変えたいですか?」

相手が、類似点について話したり、似たものが好きだったり、
現状維持を好むようであれば、類似性のフィルターが優位なのでしょう。

相手が、相違点について話したり、違ったものが好きだったり、
変化や革新を好むようであれば、相違性のフィルターが優位なのでしょう。

あらゆる状況、人が使っている【関係性のフィルター】を探求してみましょう。

時間の経過の中で見える関係性のフィルターの傾向

例えば、車の買い替えのコンテキストは、こんな傾向があるかもしれません。

1.類似性が極めて優位だと
同じメーカーのポピュラー、スタンダードな車種を選び、長年乗り続ける傾向がある

2.類似性が優位であり、相違性もある程度働く
同じメーカーの車種で、たまにモデルチェンジに合わせて買い替えたがる

3.相違性が優位であり、類似性もある程度働く
同じ車種でモデルチェンジごとに変えたり、いろいろな車種に乗り替えたがる

4.相違性が極めて優位
いろいろな車種に乗り換えたがる、いろいろなメーカーの車に乗り換えたがる

時間の経過があるコンテキストにおける関係性のフィルターには、
こういった質問をしてみましょう。

「今年の【△△】と去年の【△△】の関係性は、どのようなものですか?」
「現在の【△△】と以前の【△△】を見比べて、どのような関係がありますか?」

 

関係性のフィルターを知ることは成功に役立つ

副業や在宅収入にも、成功にも、関係性のフィルターは影響が強いです。

アフィリエイトやビジネスのやり方を覚えることも学習能力が鍵であったり、
リモートワークやWEB会議システムを利用したコーチングセッションでは
ラポールを構築する能力が鍵だったりします。
その鍵となることに、関係性のフィルターが関与しています。

類似点にフォーカスが当たり、相違点の情報の多くを削除するのか?
相違点にフォーカスが当たり、類似点の情報の多くを削除するのか?

このことが、学習や理解、ラポール確立にダイレクトに影響があります。

両方のフィルターを自己開発して、最大限に活用して成功を目指しましょう!

 

▼[類似性]のフィルターが作動している時
・役立つ点
マッチングからラポールを構築して維持することに役立つフィルターです。
人が話していることや、振る舞いにマッチしていく傾向があるからです。
複数の事柄の共通点から、意図や概要につなげることが苦手ではありません。

・デメリット
間違い探しが苦手、差異や、変化に気付きにくいことがあったり、
しばしば、少数の例から制限となる思い込みを生むことがあったりします。

 

▼[相違性]のフィルターが作動している時
・役立つ点
新しい状況に興味を持ち、変化に対して抵抗がありません。
違いを見つけ出しやすく、物事を違いの焦点で区別することが苦手ではありません。

・デメリット
違いにフォーカスする為、共通点探しが苦手な場合があります。
何かしら新しいことが必要であり、同じ物事ばかりだと退屈する傾向があります。
マッチングへの焦点が弱いため、ラポールの構築に手間取ることもあります。

 

ニュープロの学習で【MP】関係性のフィルターを成功に活用できる

副業や副収入、在宅収入でも、ビジネスでも、
結果を出すというのは、結果が出るノウハウを学習し実施していくということですね。

関係性のフィルターは、学習に強い影響があります。
学習や理解をするプロセスとは、外部からインプットされる情報を
どんなフィルターを通って情報が組織化されていくか?という枠組みで考えられます。

目標を達成するのに役立つ学習が効果的にできることは、成功を加速します。

その為にも、関係性のフィルターを自己開発していきましょう。
ニュープロを学び、どちらのフィルターも適したタイミングで作動し活用してください。

例えば、成功の為に新しいことを学ぶのであれば
「これは、今までに知っていることと、どこが違うのだろうか?」
という視点で、好奇心を持ち、多くの情報を継続してインプットし続けましょう。

「あっ、これ、前から知っていることと同じじゃん」となると、
そこで、せっかくの学びが止まってしまうことがありますから。

そして、成功の為に学びますから、たくさんのことをインプットした後で、
「これらの学びや、いくつかのトピックは、
自分のビジネスの成功の為に役立つのか?」
ということにフォーカスしていきましょう。

「学んだもののすべては、どんな、より高次な意図を支えているのだろうか?」
チャンクアップの思考をすること、
また、チャンクアップしたら、チャンクダウンして、ラテラルチャンキングをして・・・
いったりきたり、何往復もすることで、学びが深まります。

こういったこともニュープロで体験できます。

ニュープロを学習して、【関係性のフィルター】を成功するのに活用しましょう

数々の成功者が共通して学んで、使っているニューロ言語プログラミングを学びたいですよね?
成功哲学に普遍的に変わらない成功ノウハウをニュープロで発見できます。
それを発見した時の一致感はすごい体験でした。ぜひ、同じ体験してください。

そして、
ニューロ言語プログラミングを学んだ人から、こんなことをよく聞きます。
「今までにない革命的なプログラムで、自分の成功が急進的に進みました」
ニュープロを学ぶ前と異なり、学んだ時が成功への変わり目です。
今までとは違う、異なった成功の加速感を感じてください。

 

【関係性のフィルター】MP診断を忘れずにしましょう

回答に答えず、ここまで、先に読んでしまった人は、
今すぐに、質問に回答して、コメント欄に書いてくださいね。
(上にある[成功MP診断【関係性のフィルター】]をご覧下さい)

フィルターについての情報に触れること、考えること、
自分の傾向を知ること、他の人の傾向を知ることは、
成功のリソース(資源)になっていきます。

 

MPやニュープロについてもっとわかる!使える!特別プレゼントもどうぞ!