インステートのプラクティショナーになり加速成功する! – ニューロ言語プログラミングで成功者へ

インステートのプラクティショナーになり加速成功する! – ニューロ言語プログラミングで成功者へ

 

 

ニューロ言語プログラミングテクニックの基本となるテクニックの1つに、インステートというものがあります。

プラクティショナーとは、実践している人、実行者、熟練家、練習生、施術者、専門家、実践家などのイメージです。

 

ここでは、インステートに関するエクササイズやワークの練習を積み重ねたりして、実践者・熟練家になろう!という話をします。

 

 

ニューロ言語プログラミングでは、姿勢、感情、五感の状態などを含む、人の状態のことをステートという表現します。

 

 

◆ステートは、考えや思考に影響を与えます。

◆考えや思考は、ビリーフの形成に関与しています。

◆ビリーフは、思考と行動に影響があります。

 

 

成功という結果は、思考と行動の産物といえます。

 

つまりビリーフが、

○成功に役立つリソースになるか?

×成功の障害になるか?によって、

あなたの成功する確率が変動するでしょう。

 

 

【成功に役立つビリーフを作るような思考】を生むステートに入る時間や頻度を増やしたいですね。

 

 

感情とステートや自分の思考を、ニューロ言語プログラミングによってセルフコントロールできるようになりましょう。

 

 

成功者となる為に、ニューロ言語プログラミングの学習はとても役立ちます。

 

 

 

 

ステートに入り込んでいること、入ることをインステートと呼びます。

 

 

自分のVAKのサブモダリティなどをコントロールして、

特定のステートを意識的に作り上げることは、インステートの体験ともいえます。

 

 

良いステートに入り込み、そこから発生する思考に触れる回数、時間を増やすことは、

成功者になれる思考を育むことになります。

 

成功者になって当然の状態、思考の質と量を多くすることを意識してください。

 

 

「私はできる!成功する!お金持ちになることができる!」

 

自己発言に対する確信の強度は、自分に自信を持つ体験の質と量に関係しています。

自己肯定感、自己の一貫性、セルフイメージなどは、過去の成功体験から強い影響を受けていると考えられます。

 

成功体験が少ない人より、多い人の方が、成功への自信について確信しやすいといえるでしょう。

 

人は、何度でも意図的に何かをイメージすることができ、そのイメージに入り込むことができます。

そうです!成功体験について、何度でもイメージすることは可能です。

 

それを成功者になる為に使わない手はありません。

 

 

小さな成功体験であっても、大きな成功体験であっても、

そのイメージをする回数を増やすことで、量を増やすことが可能です。

 

同時に、サブモダリティを調整することで、質も強くすることもできます。

 

 

成功のリソースとなるステートに入ることは、成功を加速させるコツの1つです。

 

 

リソースフルな状態を引き出す為に、アンカリングを利用する成功者は多いです。

 

ジンクスやルーチンも、リソース・アンカーと考えることもできますね。

 

 

リソースフルな状態をアンカリングしておきアンカーを発火させることで

自分の最高の結果を生んだ状態に入り込むことを狙います。

 

 

スポーツ選手が、プレイする前に、決まった一連の行動やポーズをすることは、

最高のパフォーマンスを引き出すためのアンカリングと言えます。

 

 

インステートのエクササイズやワークをして、リソースフルな状態になったら、

状態のピーク前に、アンカリングをしておき、ビジネス活動の必要な場面で引き出してみましょう。

 

 

成功に向けたニューロ言語プログラミング活用法の1つですよ。

 

 

 

 

 

 

成功に役立つ思考を生み出しやすいステートに入りこむ体験を増やしましょう。

 

その為には、インステートに関連したエクササイズやワークをすることですね。

 

 

 

インステートは、ニューロ言語プログラミングでは特に重要なテクニックの一つです。

 

ニューロ言語プログラミングの様々なワークやテクニックは、インステートが出来ることが前提になっているものが多いです。

 

モデリングは、モデルの人をイメージして、その状態にインステートするテクニックといえます。

 

ポジションチェンジも、自分以外の立場にインステートするテクニックです。

 

 

インステートに関連するエクササイズ、ワークをたくさん経験しましょう。

 

 

 

 

人は、『常に考えること』をするものです。

 

その考えるということをする時の内容と状態が、成功に影響します。

 

 

成功の妨げになる方向性に向っている時間と回数を減らして、

成功の方向性に向うことに、その時間を振り分けていきましょう。

 

成功に役立つ変化への閾値を越え、成功の方向に傾くほど、

その方向性への指向が強固になり、あなたは成功しやすくなります。

 

 

否定的なこと、マイナス思考やステートは、消極性を育みやすいと感じませんか?

 

自信の欠如は、成功への推進力を失い、成功から離れていくイメージが連合されやすいですね。

 

 

「私なんかが成功するわけがない」という思考をくり返すことは、

自分が成功から遠ざかる何らかのプログラムをしていることになります。

 

否定的や消極的なステートは、そのような思考を生みやすいので、

そういった回数や時間を切り替えるスキルをもって、違うステートを選択する力を持つといいでしょう。

 

 

良いステートをアンカリングで呼ぶ出すことは、

肯定的、プラスな思考を発生させやすいです。

 

成功に役立つビリーフをプログラミングするというイメージで、

良い思考にくり返し触れていきましょう。

 

 

成功するプログラムをプログラミングする入力作業の1つが、思考することです。

 

日々の思考は、ビリーフの形成に強く影響があります。

 

ビリーフは、予言の自己成就の特徴を持っています。

結果として、ビリーフに沿った現実が作られるということです。

 

これは、自動成功と表現されることであり、

成功に役立つビリーフが多いほど、強いほどに、成功は加速化されます。

 

 

 

感情やステートは、思考をひきつける磁石のようなものだと感じてきたのではないでしょうか?

 

成功を引き寄せることを、次のことでイメージしてみてください。

 

◆良いステートは、良い思考を生みやすく

 

◆良い思考は、良いビリーフとなりやすく

 

◆良いビリーフは、良い思考と行動を生みやすく

 

◆良い行動は、良い結果を引き寄せてくれる

 

成功する確率がどんどん上がっていくイメージを持ってみましょう。

 

 

他にも、自己暗示や自己説得という直接の言葉で入力する方法もあります。

 

 

ニューロ言語プログラミングでは、誰もが簡単に成功者プログラムをできるような手順、ワークやエクササイズがあります。

 

成功する為に、ニューロ言語プログラミングテクニックを活用することです。

 

 

望む状態になる為に、ステップ・バイ・ステップの手順と、モチベーションがあれば成功することは可能です。

 

ステップ・バイ・ステップの手順がわかるのが、ニューロ言語プログラミングといえます。

 

まさに、成功ノウハウをニューロ言語プログラミングの学習で習得しませんか?

 

 

成功に向けて、ニューロ言語プログラミングの学習を進めましょう!

 

 


▼成功を手にしたい人へ

【1】 ノウハウ (情報が入る人脈があればOK!)
【2】 心理テクニック (人間心理)
【3】 モチベーション・コントロール (自己啓発)
【4】 マインドセット (成功哲学)

 この4つを揃えておくことで、
 いつでも、何度でも成功できますよ!

 


 

【ニューロ言語プログラミングで成功者へ】
無料webメールレッスンは、こちらから無料請求できます。

 


 

【本日の言葉】

朝、自分にする質問
「今日、自分自身を最高の状態に保つために、何をするか?」

誰にも止められない状態に自分自身を持っていけば、
できないことはひとつもない

(ジェームス・スキナー)