アウトカム達成スキルをギア サード、ギア フォースにする! – ニューロ言語プログラミングで成功者へ

アウトカム達成スキルをギア サード、ギア フォースにする! – ニューロ言語プログラミングで成功者へ

 

 

お金持ちになることは、人生を成功させる為の手段ともいえますし、

お金持ちになるという目標にとってのメタアトカムが、人生を成功させることと表現してもいいでしょう。

 

到達したい状態に向けて、達成すべきアウトカムがいくつかあります。

 

大目標に向うのに達成していく過程に、中間目標や小目標がいくつもあるイメージをしてください。

 

 

アウトカムを達成するには、2つの要素が重要です。

 

現状とアウトカムのギャップを埋める方法を明確にするのが要素のひとつです。

 

◆アウトカム達成までのステップ・バイ・ステップのノウハウ

 

◆そのステップを登りきるモチベーション

 

つまり、アウトカム達成までに一段一段のステップをクリアしていくモチベーションです。

 

 

一段一段の高さが、足を乗せられて、踏み出せて、登っていける段差であれば、

登っていくだけのモチベーションを持てば、目的の階に到達できます。

 

お金持ちになるということが中間目標であっても、同じイメージです。

 

 

中間目標に到達するのに、チャンクダウンされた小目標がいくつか明確にできれば、

その1つ1つに到達していけばいいのです。

 

 

それが、2階に階段で上るぐらいの人もいれば、10階まで階段に登るイメージに感じる人もいます。

 

例え、ものすごい上の階だと感じても、途中で休憩して登れるまで回復したり、

または、トレーニングして慣れれば、階段で登ることは可能です。

 

その階に行く目的を持ち、ステップ・バイ・ステップの階段があり、

登っていくだけのモチベーションがあることが達成の秘訣です。

 

 

適切なアウトカム設定をして、そして、それに焦点化することが大切です。

 

世の中には「成功するのに目標設定なんてやっていないよ」という成功者もいます。

大抵の場合、そういった人は、アウトカムの設定や焦点化の能力が、無意識的有能力なことが多いです。

 

そういった無意識的有能力で成功している人は、学習の第5段階目に進んでいない為、

自分のだした結果を他人に再現させることが有能でない場合があります。

 

学習の第5段階目に進んでいる人から、教えてもらうほうが良いでしょう。

 

 

 

今まで、意識せずに生活や仕事をしても、望む成功に向っているのであれば、

そういった人たちは、無意識レベルで、ベクトルが成功に向いているということです。

 

「気がつけば、お金持ちになるまで、あとちょっとだ」

「もう中間地点に来ていて、数千万はあり、これを億、数億にするだけだ」

 

そんなふうに、どんどん成功に順当に進んでいるのが現状であれば、

あなたの使っているプログラムは、成功を引き寄せるプログラムであると言えます。

 

しかし、そうでないのであれば、まずは意識的にアウトカムを設定し、焦点化することから始めるのもいいでしょう。

 

 

自分の成功に向けて適切なアウトカム設定をしてないと、

過去の使い慣れたプログラムにそって方向性が自動設定されやすいです。

 

その方向には、自分の理想とする成功はないことが多いからです。

 

 

お金持ちになり、成功することが無意識レベルまでプログラミングされていない場合、

まずは、意識的に、お金持ちになること、成功することに焦点をあてましょう。

 

意識的にゴール設定しても、お金持ちになり成功することもできます。

さらに、無意識レベルまで落としこめば、より加速された成功を引き寄せます。

 

 

アウトカムに関することを学習の第4段階目(無意識的有能力)まで磨き上げましょう。

 

 

 

 

◆適切なアウトカム設定を繰返し経験する

 

 

適切なアウトカム設定の方法を学習してみましょう。

知っている状態で、ギア セカンドのレベルということです。

 

 

 

8フレームアウトカムや、ワークブック形式になっているもので目標設定を書き込む練習をたくさんしましょう。

 

意識すればできるレベルになります。

この段階は、ギア サードと呼ばれ、やり方を知っていてできるレベルです。

 

 

 

経験を重ね、それが習慣となり、癖になります。

つまり使い慣れたプログラムであり、自動的に使ってしまうプログラムになるということです。

 

無意識的有能力と呼ばれ、ギア フォースのレベルといえます。

 

 

 

 

◆設定したアウトカムに焦点化することの重要性を学ぶ

 

 

昔から、目標を紙に書いて毎日見る習慣を成功者が実行している話があります。

 

その重要性は知っているが、毎日、アウトカムに焦点化することができないレベルは、

ギア セカンドだといえます。

 

 

アウトカム焦点化の体験をしまくることで、

意識すれば、焦点化することができているのであれば、ギア サードのレベルです。

 

紙に書いた目標を、毎朝、昼、夕方、寝る前に、音読・黙読で読み上げる、見るなど、

実行できている人は、意識的有能力者といえます。

 

 

それが習慣になり、癖となれば、プログラムがインストールされたことになります。

自分を成功にナビゲートをしてくれるリソースとなり、優位に起動するプログラムとなるでしょう。

 

無意識的有能力のレベルになれば、あなたの成功への歩みは加速するでしょう。

 

アウトカムへの焦点化する能力が、ギア フォースになるということは、

成功の方位磁石を心に持ち、成功の方向に向いている時間が多くなります。

 

 

成功に役立つリソースについて学習し、たくさんの経験をしましょう!

 

 

 

適切な目標であり、達成までのステップ・バイ・ステップのノウハウを見つける忍耐力があれば、目標に焦点化する能力が高まるほど成功しやすくなります。

 

 

天才的に成功しているように見える人の正体は、

多くが、アウトカムの適正化と、的確なアウトカムへの焦点化の両方がギア フォースになっていることが多いです。

 

 

何をやっても、どんな分野でも、結局成功するようなイメージを感じる人ですね。

 

「あの人はすごい人だ!」と言われるような人は、

成功の方向性に適したアウトカム設定が無意識的有能力者であり、

そのアウトカムへの焦点化についても無意識的有能力者であることが多いです。

 

平然と物事をこなしているのに、成功という結果を手にしている理由は、

日々、毎瞬毎瞬、成功に近づく選択が適切にできているからでしょう。

 

1日24時間、1年365日のうち、成功の方向を向いている時間が多く、

成功に役立つ思考と行動を選択することが圧倒的に多いのです。

成功するのに十分な行動の質と量なので、成功するに過ぎません。

 

それは自動成功とか、レーザー指向による加速成功と表現することもできる。

 

 

 

ニューロ言語プログラミングは、現在の状態と望ましい状態とのギャップを明確化するのに役立ち、

ステップ・バイ・ステップの行程を進み、アウトカムを達成する為に役立つツールです。

 

 

成功に向けて、いくつかのアウトカムを達成していきます。

 

そのアウトカムを達成するのに役立つニューロ言語プログラミングのテクニックを、ギア サード、ギア フォースにすべく、たくさんの経験を重ねていきましょう!

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ニューロ言語プログラミングでは、学習の5段階という考え方がります。

各段階を呼びやすいように略称として、表現しています。

 

■学習の第1段階 無意識的無能力

そのことを知らないことを認識していない

 

■学習の第2段階 意識的無能力

そのことを知っているけど、できない

このレベルの事を「ギア セカンド」と表現しています。

 

■学習の第3段階 意識的有能力

やり方を知っていてできる(意識すればできる)

このレベルの事を「ギア サード」と表現しています。

 

■学習の第4段階 無意識的有能力

考えなくてもできる(無意識でできる)

このレベルの事を「ギア フォース」と表現しています。

 

■学習の第5段階

無意識でできていることを、意識レベルに表出させて人に教えられるレベル

このレベルの事を「ギア フィフス」と表現しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 


▼成功を手にしたい人へ

【1】 ノウハウ (情報が入る人脈があればOK!)
【2】 心理テクニック (人間心理)
【3】 モチベーション・コントロール (自己啓発)
【4】 マインドセット (成功哲学)

 この4つを揃えておくことで、
 いつでも、何度でも成功できますよ!

 


 

【ニューロ言語プログラミングで成功者へ】
無料webメールレッスンは、こちらから無料請求できます。

 


 

【本日の言葉】

明確な願望が成功への扉を開かせる

まず、明確な願望を持とう。
燃えるような願望や目標が、確固たる行動に転化したとき、あなたの夢は実現する。
あなたの欲しいものは、自ら求め、手に入れよ。

 

体系的な行動計画を立てる

目標や願望を設定したら、次の行動は「計画」を立てることだ。
「計画」は目標や願望を実現にいたらせるまでの架け橋となる。

(ナポレオン・ヒル)